お買い物をしてもらった便利な紙袋をどう使う?

私は買い物が大好きです。知らず知らずのうちに好きなブランドや可愛い雑貨屋さんのショッピングバッグを捨てられずにとって置いてしまいます。最近はデザインもだいぶ良くなっているのでOLさんや学生はお弁当を入れたり、サブバッグとして使っている人も多いですよね。私もちょっとしたお土産を渡すときや、物を貸してあげるときなんかにもとっておいた紙袋を利用します。

スーパーのビニール袋よりも格好がつくのでいいですよね。そんな便利な紙袋ですが、先日出席した結婚式で友達が高級ブランドの紙袋をパーティバッグのサブバッグとして使っていました。確かに女性のパーティーバッグは小さくてご祝儀すら入らないことが多いんです。しかし若い子ならまだしも30過ぎた大人の女性が紙袋をサブバッグとしてフォーマルの場で使うのはスマートでは無いなと感じましたし、少し残念に思いました。確かにデザインも作りもしっかりしているショップバッグですが、もっとお家の中でオシャレに便利に使うことを考えてみませんか?様々なサイズがあるので色んな場所で使えるんですよ。基本的な使い方としては、外に出ているむきだしのものを隠して生活感を減らす。ということです。

まっすぐ中に折り込むとちょっとした箱のように使うことができます。それを柔軟剤や洗剤入れとして洗濯機置き場に置けば可愛い収納として使えます。洗剤容器が隠れて生活感を減らすだけでなく、これのメリットとしては液が垂れたり汚れたりしたらすぐに交換出来るところです。そして同じような使い方としてはキッチンでじゃがいもや玉ねぎなどの常備野菜を収納するのにいいです。通気性もいいですし、これも土などで汚れたら即交換出来るので便利です。そしてそのほかに我が家には米びつがないので米袋ごと大きめの紙袋で隠してしまっています。キッチンで使うときは出来るだけナチュラルな素材やデザインの紙袋を使うことでキッチン全体の統一感が出で良いと思います。そして華やかなデザインの紙袋は押し入れやクローゼットの中で使うことがおおいです。ぱっと華やかな印象になりますし、気に入ったデザインだとなおさら扉を開けた時のテンションが違います。そして紙袋の良いところは自立してくれるところです。写真やアルバム、着ない子供服、こまごました雑貨の一時置きなど袋の大きさを揃えて天袋に収納すると見栄えもいいです。紙袋は買い物してお金を払ってもらったようなものなので、せっかくならただ捨てるのではなく、有効に使いたいですよね。